アイフル

サイトマップ

アイフルって?

「どうする?アイフル」でお馴染みのアイフルは、消費者金融業者の1つです。「愛情や優しさ、努力や進歩、忠実や信頼、結束、活気良い」という英単語である「AffectionImprovement、Faithfulness、Unity、Liveliness」から頭文字を撮って社名にしています。そして、個の意識を持ってお客様に対応するよう心がけているのです。ここでは、インターネットを中心としており、来店不要で申込みすることができます。WEBにアクセスできる機械と環境さえあれば、時間場所を問わないのが大変便利です。金利は、6.8〜18%で、最大限度額は300万に設定されています。入会金、年会費はありません。審査に通れば、契約ができます。その後は、時間帯さえ合えば、即日借入が可能です。借りるときは返済まで見据えて、計画を持ってやりましょう。

お金を借りるには

アイフルでお金を借りるには、以下の方法があります。まず、インターネットを使っての振込予約です。これは場所も時間も問わずにできるので、とても便利です。ただし、入金24時間いつでもされるわけでは無いので注意しましょう。次は、店舗に直接赴くことです。これが一番確実な方法なのですが、少々時間がかかりますので、忙しい人にはおすすめしません。また、店自体が無いところもあります。次は、電話を使うやり方です。出かける手間が要らないのがいいです。ただ、営業時間外はつながりませんので注意しましょう。最後に、提携ATMやコンビニでの借入です。基本的に24時間使用することができますが、機械が置いてあるところを探さなければなりません。このように色いろある中から、自分にあったやりかたを見つけましょう。

借りるときの注意

アイフルを含めた金融会社は、何もボランティアでお金を貸してくれるわけではありません。返してもらわないことには、経営も成り立ちません。だから、審査があるのです。しっかりと返済するには、それなりの収入が必要です。無職や低賃金で働いている人、例えばアルバイトなどでは、契約を結ぶことができません。たた、たまにパートなどでも大丈夫というプランがあります。必要なら、一度調べてみて下さい。また、20未満の人も基本的には対象になりません。他にも、70歳以上の方や専業主婦も借入できません。自分はどうなのかしっかりと確認してから、利用して下さい。

便利な申し込み方法

アイフルは、インターネットでの申込みができます。それ以外にも、勿論店頭や電話からもかのうですので、自分がやりやすい方法をとって下さい。さて、WEBはパソコン、スマートフォン、携帯などから使えます。いつでも、どこからでも行えるのが強みで、忙しい人などにとても便利です。ただし、本人証明のための書類などは郵送する必要があります。審査に通り、契約までいけば利用可能です。その後は、ちゃんと返済までを視野に入れて、計画的に借りるようにしましょう。

返済方法

アイフルの返済方法には色々ありますが、オススメしたいものはATMです。専用のものと、提携している機械の2種類があります。基本的に24時間いつでも利用することができるので、忙しい人も助かると思います。ただ、もしもあなたが今、自動振込みをしてくれるシステムを使用しているのならば、そちらの方がいいと思います。期限切れを起こす心配もありません。しかし、このシステムは別会社でやってもらうしかありません。その他には、コンビニ、口座振替などがありますので、自分がやりやすいものを選びましょう。返すときには、しっかりと金額を調べて用意しておいて下さい。35日サイクル制と、毎月決まった日付で返納するのの2パターンがあります。どちらにせよ、うっかり忘れないよう気をつけましょう。

「アイフル」について

アイフルについて。

Copyright © アイフル. All rights reserved